IT導入補助金について

IT導入補助金について IT導入補助金について

SUBSIDY SYSTEM

IT導入補助金について

IT導入補助金 IT導入支援事業者として採択されました

IT導入支援事業者として
採択されました

当社は、2020年度IT導入補助金において
IT導入支援事業者として採択されました。
IT導入支援事業者とは、IT導入に対して本補助金を
利用したい補助申請者と協力して
ITを導入し
補助事業者の目標達成を支援する事業者の事です。

当社が登録している
ITツールは以下の通りです

貸衣裳管理システム【COPORO】
登録分類 ①顧客対応・販売支援
②決済・債権債務・資金回収管理
③調達・供給・在庫・物流
④業務固有プロセス
【COPORO】導入研修
登録分類 導入設定·マニュアル作成·導入研修
【COPORO】導入コンサルティング
登録分類 導入コンサルティング

当社の登録ツールを活用して
本補助金に申請できる申請類型は【A類型】・【B類型】です

申請類型について
A類型
( 補助率1/2 )
補助金最低額 30万円
(対象経費60万円以上)
補助金最高額 150万円
(対象経費300万円以上)
B類型
( 補助率1/2 )
補助金最低額 150万円
(対象経費300万円以上)
補助金最高額 450万円
(対象経費900万円以上)

上記のようにIT導入に要する費用は、最低60万円以上(対象経費目のみ)になります。
申請者の負担は最低30万円以上です。
ハードウェアの購入、レンタル等の費用は対象外です。

補助金申請にあたって

ポイントは下記条件になります。
補助金申請後、3か年の報告義務があります。
·労働生産性の伸び率が申請時実績と比較し
1年後3%以上、3年後9%以上の
伸び率を達成する
·給与支給総額を年率平均1.5%以上増加させる
·事業内の最低賃金を申請者の地域の
最低賃金+30円以上の水準にする
·上記賃金引上げ計画を従業員に表明する

その他、詳細については
IT導入補助金のホームページより公募要領をダウンロードし、ご確認ください。

労働生産性とは

 
(売上高ー原価)/(年間平均労働時間×従業員数)で計算されます。
労働生産性を上げるためには...
·粗利益(売上高ー原価)を増加させる
·原価率をそのままに売上を増加させるか、売上が同じなら原価率を低減し粗利益を増加させる
·従業員の年間労働時間を減らす
·不採算部門の人員を減らす

公募締切日は公募要領をご覧ください。
IT導入支援事業者およびITツールの登録は
年度または補正事業ごとに申請が必要のため、今回の公募では採択されましたが、
次年度以降の
当社のIT導入支援事業者採択結果については
トップページの INFORMATION
ご確認ください。